本文へ

フッターへ



検査結果の見方と活用

乳房触診 マンモグラフィ 乳房超音波


乳房診(視触診)

乳がんの早期発見のために、月1回は自己検診を行いましょう

自己検診

マンモグラフィ

専用のレントゲン装置を使用して、乳房のX線撮影を行います。
触診ではわからない小さな腫瘍や、微少な石灰化を見つけることができます。

主な所見・診断

腫瘤 しこりのことで、手にふれることもあります。良悪性の診断が必要となります。
石灰化 乳腺の中にカルシウムが沈着したもので、手にふれることはありません。大きなものはほとんど良性ですが、小さなものは良悪性の診断が必要となります。
局所的非対称性陰影 片方だけ陰影があるもので、正常乳腺か腫瘤かの判断が難しいため、良悪性の診断が必要となります。
非対称性乳房組織 乳房の体積や乳腺濃度に左右差があるものを意味します。ほとんどが正常のバリエーションです。
乳房濃度
(乳房構成)
①高濃度 ②不均一高濃度 ③乳腺散在 ④脂肪性
そのうち①高濃度 ②不均一高濃度の方は高濃度乳房と総称され、他のタイプに比べて病変を見つけにくい傾向にあります。
マンモグラフィ検査に乳房超音波検査を追加することで、病変の発見率が上がるということが報告されております。
カテゴリー1 異常なし 異常ありません。
カテゴリー2 良性 明らかに良性と判定できる所見です。
カテゴリー3 良性 しかし悪性を否定できず 良性の可能性が高いが、悪性も否定できない所見です。
カテゴリー4 悪性の疑い 悪性の疑いがあります。他の詳しい検査が必要です。
カテゴリー5 悪性 ほぼ乳癌と考えられる病変があります。更なる検査が必要です。

乳房超音波

乳房に超音波を当て組織を画像化し、乳房内部の腫瘍や嚢胞の有無や、乳管の変化などを調べます。

主な所見・診断

嚢(のう)胞 乳腺が詰まって分泌液が袋状にたまった状態をいいます。自然消滅することも多く、無症状であれば特に心配はありません。
低エコー領域 超音波の反射波が少なく黒っぽく写っている部分のことです。あくまで画像の見え方の表現で、がんなどの病変を示すものではありません。
乳腺症 30歳〜更年期の女性に多い乳腺の良性疾患の総称です。乳腺の老化現象とも考えられていますが、しこりや疼痛などの症状が乳がんと区別しにくい場合もあります。
乳腺線維腺腫 20歳〜30歳代の若い女性に多い乳腺の良性腫瘍です。